症状さまざま みんなの歯科治療体験談

親知らずのむし歯治療のはずが、なんと、思わぬ事態に発展しました。歯科と口腔外科での治療体験です。

症状さまざま みんなの歯科治療体験談
症状さまざま みんなの歯科治療体験談

親知らずがむし歯になると歯科では・・・

わたしは親知らずに良い思い出がありません。親知らずといえば、歯茎が痛くなったり、はえ方が悪いと手術しなければならないので、良い思い出がある人は少ないかもしれませんが、わたしは特に苦い思い出があります。
もともと、はえきっていた親知らずが、痛み出したため、歯科へ行ったときのことです。
そこで何と、思いもよらぬ先生の言葉を耳にすることとなるのです。

レントゲンを撮った結果、なんと親知らずが手前の奥歯を押し込んで、歯茎の奥深くまで歯が入り込んでいたそうです。
親知らずは見える状態にあったのですが、手前の歯は相当深く入り込んでいたため、治療することができませんでした。
そのときの歯科の先生も、こんな状態の歯は凄く珍しいとのことで、とりあえず、しみ止めの薬を塗ってもらい、すぐに口腔外科への紹介状を書いてもらいました。
口腔外科でも先生のリアクションは同じで、このままだと確実に炎症を起こしてしまうので、手術が必要だという話になりました。

しかし、その手術が複雑で、親知らずと手前の奥歯を抜くために、もうひとつ手前の歯を抜くことになるというのです。
なんでもない健康な歯を抜き、なおかつ奥歯3本が無くなる訳ですから、義歯も考えなければならないと・・・。

いろいろと考えましたが、むし歯の痛みも限界にきたので、手術を決断することにしました。
手術は無事成功し、一度抜いた歯を移植することで、何とか二本だけ抜歯するにとどまる事ができました。
入れ歯も回避できたので、口腔外科の先生には感謝しています。

おすすめ情報

Copyright (C)2017症状さまざま みんなの歯科治療体験談.All rights reserved.